妊娠中に起きるカラダの変化/頭痛

みなさまこんにちは。

 

妊娠中は普段とは生活が大きく変わりますよね。妊娠初期に起こる変化、中期・後期と実に様々な変化にさらされます。

 

吐き気・頭痛・微熱などに始まり、むくみ・腹痛や便秘などなど、個人差はあるものの、殆どの人にとって普段の自分のカラダとは全く違った症状に戸惑う事があります。

 

今回はその変化がテーマです。妊娠中に起きるカラダの変化についてご紹介したいと思います。

 

妊娠中のカラダの変化

妊娠に伴なうカラダの変化は実にさまざま。どうしてそんなに変化するのでしょうか?カラダの中ではいったい何が起こっているのでしょうか?

 

妊娠中のカラダの変化/頭痛

妊娠中に多くのプレママが経験するのが、片頭痛です。普段から頭痛に悩んでいる人にも起こりますし、普段頭痛とは縁のない人にも起こります。逆に、普段頭痛に悩んでいる人が、頭痛の悩みから解放される事もあるのです。不思議ですよね

 

これには、妊娠中に分泌される黄体ホルモンが関係しているのです。

 

片頭痛の痛み、経験した事がある人ならばその辛さが分かりますよね。ズキズキと脈打つ痛みに加え、吐き気や実際に嘔吐してしまう事もあります。普段なら、鎮痛剤を服用すれば、さっきまでの頭痛が嘘のように改善されるのですが、妊娠中はそうカンタンではありません。

 

妊娠が原因の頭痛、これは妊娠に必要な黄体ホルモンが関係しているのです。この黄体ホルモンは、子宮・体内の環境を整えるといった、妊娠を継続するためには必要不可欠な存在。しかし、妊娠の準備を行うカラダの変化が、頭痛を引き起こしているのです。

 

では、どう対処すればいいのでしょうか?

 

妊娠中も服用できる鎮痛剤がありますので、あまりにひどい頭痛の場合は、医師に相談して鎮痛剤の服用を検討してみましょう。もし、そこまでの痛みではない、薬の服用には抵抗があるといった場合には、痛みの場所を直接冷やしてみる・マッサージ・安静にして休む・寝る・首を温める等で対処してみましょう。

 

片頭痛は5感すべてが刺激材料となってしまいますので、可能な限り安静にして休みます。頭痛が治まったなら、ストレッチなどで少しずつ体を動かして、凝りをほぐすのも良い方法です。ただし、動きが頭痛を悪化させる事もありますので、そのような兆候を感じたならば安静にしてく過ごしてください。

 

妊娠中の頭痛/プレママ達の体験談と対処方法

マッサージ機で対処

妊娠祝いで友人にもらったマッサージ機にお世話になりました。頭痛が始まってからでは遅いと思い、予防策として毎日使いました。お陰で軽くて済んだのかもしれません。

 

漢方薬で対処

あまりに辛い頭痛でガマンの限界!!だったので、医師に相談。すると漢方薬を処方してくれました。このおかげで症状が軽減。何とか乗り切りました。

 

整体・マッサージで対処

だんだんと頭痛がひどくなり、自分では対処できなくなってしまったので、主人に頼んで整体に連れて行ってもらいました。いくらか楽になりました。

 

同じ悩みを共有

これは頭痛の改善ではないのですが、同じ月数のお友達に頭痛の相談をしたところ、同じ悩みを抱えている事がわかり、お互い少し安心した事があります。もちろん、頭痛の対処ではないので治りませんが、精神的に楽になった気がしました。

 

薬を服用

普段、頭痛しらずの生活をしていたのですが、妊娠と共にひどい頭痛に。もう、目を開けても、ニオイでも痛みと嘔吐で生活が止まってしまいました。このままではお腹の赤ちゃんにも影響があるかもしれないと思い、医師に相談。すぐに鎮痛剤を処方してくださいました。服用するのがすこし怖かったのですが、飲んでみると嘘みたいに改善し、食事もとれるようになりました。

 

突然治った

元々頭痛持ちだったので、対処方法は心得ていました。しかし、妊娠の頭痛は普段のそれとは比較にならない位にひどくて、毎回頭痛が起こらないよう、こわごわ生活していました。こうして妊娠の全期を乗り切り出産。今は嘘みたいに改善しました。

 

保冷剤

私の場合、痛む部分を冷やすと楽になったので、保冷剤を活用して対処していました。常に冷凍庫に数個の保冷剤をストックしておきました。

 

温めアイテム

私の頭痛は凝りが原因。小豆とかで温める物とか、カイロとかのグッズを活用して、凝っている部分を温めました。これでいくらか楽に。お風呂でも温めたり、マッサージしたりと、とにかく凝りに対しての対処を徹底的にしました。

 

氷をなめる

妊娠するといつも同じなのですが、氷をなめたり、かじったりすると妙に落ち着きました。頭痛の時も同じで、「来たな」と思ったら、すぐに氷を準備してなめる事にしていました。不思議とこれだけで楽になっていました。

 

まとめ

妊娠中の生活は大変。みなさん本当に色々な工夫で乗り切っていたのですね。私の周囲にも氷をかじって凌いだなんて人いました。

 

頭痛の痛みの強さや、伴う吐き気など、その状態はさまざまですよね。慣れている人、慣れていない人、相談できる人がいる・いない等、置かれた条件も異なります。

 

しかし、家族・友人・あるいは医師。必ずだれか一人は味方がいるはず。一人で抱えずに、相談してみましょう。

2016/12/29 17:32:29 |

引き続き、妊娠期間・月数・周期の関係とママと赤ちゃんの状態についてお伝えしたいと思います。

 

前回の内容は、まだ赤ちゃんがお腹にはいない状態の、妊娠0日から、安定期に入った妊娠5か月までお伝えしました。

 

ここからお伝えするのは妊娠6か月目からの内容です。この時期の赤ちゃんはどれくらいまで成長しているのでしょうか?しそて、ママのカラダはどんな変化を迎えていて、これからどう変わっていくのでしょうか?

 

妊娠周期と月数の関係とママと赤ちゃんの状態

妊娠6カ月のママと赤ちゃんの状態

(妊娠6か月とは)
■呼び方:妊娠20週〜23週を妊娠6ヶ月・妊娠中期と呼びます。
■ママの状態:妊娠6ヶ月は妊娠安定期の真っ只中。多くのママ達は、つわりの悩みから解放され、ほんの少し妊娠生活を楽しむゆとりが出てきたのではないかと思います。また、以前にもまして活発に動く赤ちゃんのおかげで、ママとしての自覚が更に強くなっていく時期でもあるのです。

 

出産に備え、カラダはどんどん変化し、乳腺が張ってくる・乳首から分泌液が出てくるなどの変化を感じる人もいるのです。

 

■赤ちゃんの状態:
妊娠6か月の後半にもなると、身長は約27pにまで成長しています。この頃になると聴力もほぼ完成して、耳からの刺激に反応する事が増えるのです。外部からの音に反応を示す事がありますので、しっかりと話しかけてあげましょう。

 

そして、少し前まではまだふさがっていたまぶたが上下に分かれ、目が開くようなり、マバタキをする事もあるのです。

 

(妊娠7か月とは)
■呼び方:妊娠24週〜27週を妊娠7か月・まだ妊娠中期の安定期です。
■ママの状態:随分と大きくなった赤ちゃんを支えている事で、足がつる・腰痛・動悸が起こるといった症状を訴えるママが増えてきます。

 

他にも、横向きでなければ眠れない・妊娠線が急激に増えた・胃がもたれてご飯が食べられないなどを訴えるママもいます。

 

これは、大きくなった赤ちゃんと、子宮や重くなった羊水を支えているカラダに、少し無理がかかってきている状態でもあるのです。

 

しかし、もう暫く出産までの間支え続けなくてはいけませんので、適度にカラダを休めるように工夫しましょう。

 

また、安定期特有の食欲との戦い・カロリーコントロールに悩むママも少なくないのがこの時期なのです。

 

■赤ちゃんの状態:
少しずつ皮下脂肪もついてきますが、まだまるまるとした赤ちゃんとは程遠く、むしろお年寄りの外見に近い状態。

 

しかし、確実に成長していて、この頃には鼻の穴が出来上がります。同時に、味覚・収穫が発達して、ニオイや味が分かるようになるのです。脳が著しく発達するのもこの時期です。

 

(妊娠8月とは)
■呼び方:妊娠28週〜31週・妊娠8か月、そしてついに妊娠後期に突入です。
■ママの状態:検診が2週間に1回になり、出産への意識が高くなってくるのがこの時期です。赤ちゃんにあえるという喜びの反面、プレッシャーなどでマタニティブルーになるママが増える時期でもあるのがこの妊娠8か月なのです。

 

この頃から、お腹が張る回数が増えてきます。しかし、初めての出産の場合には、張るという事がどういう状態になる事なのかが分からない場合があります。先輩ママや担当の先生にその「はる」という状態はどういう感じなのがを具体的に聞いておきましょう。こうして、お腹がはっている状態にあるのか否かの判断ができるように準備しておきましょう。

 

赤ちゃんは大きくなっていますが、まだ出産には早いのです。お腹の張りに気づかずにそのまま早産とならないように、充分注意して生活しましょう。また、「妊娠高血圧症候群」に注意が必要な時期でもあります。ストレスや疲れを貯めない事と、塩分コントロールを心がけて生活しましょう。

 

■赤ちゃんの状態:
妊娠8か月の後半の赤ちゃんは、もう40pもの大きさになり、見た目はほぼ新生児に近い状態。しかし、未だ肺は未発達で完成していない時期でもあります。

 

この頃までは未だお腹の中で活発に動いていますが、もう少しすると出産に備えて動きが少なくなっていきます。しっかりと胎動を楽しんでおきましょう。

 

(妊娠9か月とは)
■呼び方:妊娠32週〜35週を妊娠9か月とよび、妊娠後期の真っ只中。

 

■ママの状態:腰痛・夜中に何度も目が覚める・頻尿・食事の量が減るなど、大きくなった赤ちゃんの影響で、カラダの至るところに色々と刺激を受ける時期です。

 

また、むくみや息苦しさがが強くなるという場合もあるのです。ガマンしすぎてはいけません。担当医に相談しましょう。

 

■赤ちゃんの状態:身長は45pまでのび、見た目も丸々とした赤ちゃんに近づいてきています。胎動も減り、出産に備え頭を下に固定した体制になります。

 

しかし、そうはならない事も。これが「逆子」です。万が一逆子と診断されたならば、逆子を改善する体操などで対処して、出産までにできる限り正しい位置にこられるようにしてあげましょう。

 

(妊娠10か月とは)
■呼び方:妊娠36週〜39週を妊娠10か月・妊娠後期の正産期です。臨月・生み月などとも呼ばれています。
■ママの状態:いよいよ出産に備えたカラダに変化していきます。子宮口が軟らかくなり、赤ちゃんが出産にそなえ下がってきたことで、胃が圧迫された状態から解放され、楽になります。そして、白いおりものが増えたら出産が近いと考えましょう。

 

■赤ちゃんの状態:カラダの器官はすべて完成し、皮下脂肪も増えて丸々としてきています。身長も50p位にのび、免疫力もついて、いつ生まれても良い時期です。しかし、中にはまだ小さい赤ちゃんも。体重が2500gを超えるまでは、体内で育つのが理想です。

 

まとめ

妊娠0日から正産期までのママと赤ちゃんの状態についてご紹介しました。命の神秘としか言いようのない、とても感動的な10か月。こうしてママのカラダで育って生まれてきてくれるのですね。改めて、赤ちゃんありがとう、そんな思いになりました。

 

出典:妊娠週別情報

2016/12/23 23:43:23 |

みなさまこんにちは。

 

妊娠中に起こるカラダの変化について。シリーズでご紹介する事にしました。妊娠中はカラダの変化が著しく、不安な事だらけ。お腹の赤ちゃんの心配が一番だと思うのですが、直接痛みを感じるママもとっても大変。少しでも知識を持って妊娠中のカラダの状態と向き合えるといいですよね。そんな思いを込めて、お伝えしたいと思います。

 

妊娠中のカラダの変化/腹痛

妊娠中の腹痛。お腹に赤ちゃんがいるので、腹痛にはどうしても神経質になってしまいますよね。当然だと思います。この腹痛、その痛みの種類も色々です。しかし、その種類をしっかりと見極める事で、自分の今の状態を判断しなければいけないのです。

 

勿論、自己判断への過信は禁物。心配ならばすぐに担当のドクターに相談するのが正解。でも、実際にはすぐに相談できない時もあります。そんな時の参考にしてみてください。

 

妊娠中のカラダの変化/腹痛の特徴的な症状

妊娠初期の腹痛の特徴的な症状には、一瞬キュッと差し込むような痛み・下腹部がギュッと締め付けられるような痛み・お腹の中を赤ちゃんに引っ張られているかのような痛み、と、痛みを経験した多くのプレママがこれに似た表現をしています。

 

これらの痛みは、赤ちゃんの成長にあわせて大きくなりはじめた子宮が、その周囲の器官や神経などを圧迫する事で起こっていると考えられています。

 

あるいは、足のつけ根や下腹部がつるという訴えもあります。この「つる」というのは、まるで足がつった時のあの痛みと同じ、これが下腹部や足の付け根にくるのですから、たまりませんよね。

 

この痛みは、子宮を支えている靭帯のけいれんが原因と考えられています。この靭帯が子宮を支えているのですが、子宮が大きくなることで当然重みも増してきます。それを必死に支えている靭帯が重みに耐えきれなくなった結果、けいれんを起こし、それが痛みとなってお腹や足の付け根を刺激しているのです。

 

どの場合も、急に強い痛みに襲われるため、何がおこっているのか分からなかったり、不安でいっぱいになるかもしれません。しかし、このような種類の痛みならば、妊娠の経過で起きる正過の痛みの可能性が高いのです。暫く安静に過ごしてみてください。

 

また、比較的お腹の上部、つまり胃の辺りが痛む場合には、大きくなった子宮や赤ちゃんが胃を刺激していると考えられます。この場合には、消化の良い食べ物を食べて、暫くの間様子を見ましょう。

 

しかし、痛みが長引く・痛みが異常に強い・出血を伴う場合は別の問題が起きている可能性が高いのです。

 

妊娠中のカラダの変化/腹痛への対処

妊娠超初期の下腹部痛ならば、カラダが妊娠に対応しようとして起こっている痛みですので、暫く様子を見てみましょう。ほとんどの場合、痛みを感じて一カ月程度でだんだんと痛みを感じなくなるのです。

 

ただし、痛みを感じている間は安静に過ごします。また、妊娠中のカラダの冷えは厳禁。カラダの中も外も温めるように、洋服や飲み物・食べ物で工夫しましょう。

 

赤ちゃんの成長と共に感じる腹痛はごく普通の事です。様子をみても大丈夫。ただし、痛みが治まらない・痛みが強い・出血があるなどの状態、あるいは自己判断が出来ない場合には、迷わず担当のドクターに相談しましょう。

 

妊娠中の腹痛/プレママ達の体験談と対処方法

チクチク痛みが・・・

妊娠初期から中期にかけて下腹部がチクチク痛みました。徐々に弱くなるかと思ったのですが、痛みの種類が変わった事と、強くなったと感じました。

 

怖かった

妊娠中期に急に子宮が収縮するような痛みを感じました。すぐに担当の先生に相談したてところ、前駆陣痛と教えてもらい、とても怖かった事を思い出します。この時はとにかく安静にして過ごしました。

 

その時には分からなかったのですが、後で思えばまるでお産の陣痛の痛みと同じでした。

 

切迫流産の経験が

私は生理中の痛みがとても強いのですが、この時にも生理痛のひどい時と全く同じ位の痛みを感じました。

 

眠れない痛み

妊娠初期から始まった痛み。夜寝ていても目が覚める程の痛みに襲われていました。だんだんと軽くなり、忘れかけていたら、今度は別の痛みが。その都度病院で相談しましたが、どれも妊娠の経過で起こるものだと教えて頂き、痛みは辛かった判明、精神的には楽に過ごせました。

 

便秘は侮れない

妊娠中にひどい便秘に襲われた事があります。脂汗が出るほどの痛みも伴いました。何をしても自分では便秘を解消できなかったので、結局病院で出してもらいました。もっと早く来ても良いのにとお医者様に諭され、便秘で病院に行ってもいいのだと知り、とても安心した事を思い出します。

 

まとめ

妊娠中、多くのプレママが腹痛を経験するという事、その痛みの殆どは成長過程にあるものだとわかり、安心しました。

 

ただ、痛みの強さ・長さ・出血の状態などによっては深刻な事態もあり得るのです。そんな時には、あるいは自分では判断できない場合には、すぐにドクターに相談しましょう。