妊娠中に起きるカラダの変化/腹痛

みなさまこんにちは。

 

妊娠中に起こるカラダの変化について。シリーズでご紹介する事にしました。妊娠中はカラダの変化が著しく、不安な事だらけ。お腹の赤ちゃんの心配が一番だと思うのですが、直接痛みを感じるママもとっても大変。少しでも知識を持って妊娠中のカラダの状態と向き合えるといいですよね。そんな思いを込めて、お伝えしたいと思います。

 

妊娠中のカラダの変化/腹痛

妊娠中の腹痛。お腹に赤ちゃんがいるので、腹痛にはどうしても神経質になってしまいますよね。当然だと思います。この腹痛、その痛みの種類も色々です。しかし、その種類をしっかりと見極める事で、自分の今の状態を判断しなければいけないのです。

 

勿論、自己判断への過信は禁物。心配ならばすぐに担当のドクターに相談するのが正解。でも、実際にはすぐに相談できない時もあります。そんな時の参考にしてみてください。

 

妊娠中のカラダの変化/腹痛の特徴的な症状

妊娠初期の腹痛の特徴的な症状には、一瞬キュッと差し込むような痛み・下腹部がギュッと締め付けられるような痛み・お腹の中を赤ちゃんに引っ張られているかのような痛み、と、痛みを経験した多くのプレママがこれに似た表現をしています。

 

これらの痛みは、赤ちゃんの成長にあわせて大きくなりはじめた子宮が、その周囲の器官や神経などを圧迫する事で起こっていると考えられています。

 

あるいは、足のつけ根や下腹部がつるという訴えもあります。この「つる」というのは、まるで足がつった時のあの痛みと同じ、これが下腹部や足の付け根にくるのですから、たまりませんよね。

 

この痛みは、子宮を支えている靭帯のけいれんが原因と考えられています。この靭帯が子宮を支えているのですが、子宮が大きくなることで当然重みも増してきます。それを必死に支えている靭帯が重みに耐えきれなくなった結果、けいれんを起こし、それが痛みとなってお腹や足の付け根を刺激しているのです。

 

どの場合も、急に強い痛みに襲われるため、何がおこっているのか分からなかったり、不安でいっぱいになるかもしれません。しかし、このような種類の痛みならば、妊娠の経過で起きる正過の痛みの可能性が高いのです。暫く安静に過ごしてみてください。

 

また、比較的お腹の上部、つまり胃の辺りが痛む場合には、大きくなった子宮や赤ちゃんが胃を刺激していると考えられます。この場合には、消化の良い食べ物を食べて、暫くの間様子を見ましょう。

 

しかし、痛みが長引く・痛みが異常に強い・出血を伴う場合は別の問題が起きている可能性が高いのです。

 

妊娠中のカラダの変化/腹痛への対処

妊娠超初期の下腹部痛ならば、カラダが妊娠に対応しようとして起こっている痛みですので、暫く様子を見てみましょう。ほとんどの場合、痛みを感じて一カ月程度でだんだんと痛みを感じなくなるのです。

 

ただし、痛みを感じている間は安静に過ごします。また、妊娠中のカラダの冷えは厳禁。カラダの中も外も温めるように、洋服や飲み物・食べ物で工夫しましょう。

 

赤ちゃんの成長と共に感じる腹痛はごく普通の事です。様子をみても大丈夫。ただし、痛みが治まらない・痛みが強い・出血があるなどの状態、あるいは自己判断が出来ない場合には、迷わず担当のドクターに相談しましょう。

 

妊娠中の腹痛/プレママ達の体験談と対処方法

チクチク痛みが・・・

妊娠初期から中期にかけて下腹部がチクチク痛みました。徐々に弱くなるかと思ったのですが、痛みの種類が変わった事と、強くなったと感じました。

 

怖かった

妊娠中期に急に子宮が収縮するような痛みを感じました。すぐに担当の先生に相談したてところ、前駆陣痛と教えてもらい、とても怖かった事を思い出します。この時はとにかく安静にして過ごしました。

 

その時には分からなかったのですが、後で思えばまるでお産の陣痛の痛みと同じでした。

 

切迫流産の経験が

私は生理中の痛みがとても強いのですが、この時にも生理痛のひどい時と全く同じ位の痛みを感じました。

 

眠れない痛み

妊娠初期から始まった痛み。夜寝ていても目が覚める程の痛みに襲われていました。だんだんと軽くなり、忘れかけていたら、今度は別の痛みが。その都度病院で相談しましたが、どれも妊娠の経過で起こるものだと教えて頂き、痛みは辛かった判明、精神的には楽に過ごせました。

 

便秘は侮れない

妊娠中にひどい便秘に襲われた事があります。脂汗が出るほどの痛みも伴いました。何をしても自分では便秘を解消できなかったので、結局病院で出してもらいました。もっと早く来ても良いのにとお医者様に諭され、便秘で病院に行ってもいいのだと知り、とても安心した事を思い出します。

 

まとめ

妊娠中、多くのプレママが腹痛を経験するという事、その痛みの殆どは成長過程にあるものだとわかり、安心しました。

 

ただ、痛みの強さ・長さ・出血の状態などによっては深刻な事態もあり得るのです。そんな時には、あるいは自分では判断できない場合には、すぐにドクターに相談しましょう。